FC2ブログ

声帯というものは、「声を出すためだけに存在するもの」ではない!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





img03.jpg

例えば発声の要となる、声帯というものについて。




声帯がほどよく開閉することによって声というものは生まれてくる



わけだが、この声帯というものは、「声を出すためだけに存在する」



ものではない。というか、本来は「気管の入り口を閉鎖する弁」としての



役割が主であって、声を出す機能はオマケ程度のものである。




声帯は「気管の入り口を閉鎖する弁」なので、気管を閉鎖しなければ



ならないとき、



・何かを飲み込むとき。



・呼吸を止めて全身に力を入れるとき。



身体の状態をほどよく再現してやれば声帯は閉じやすくなる。



逆に、空気を一度に多く出し入れするときの力をほどよく再現して



やれば声帯は開きやすくなる。



「自然な力で声帯を閉じなさい」と言われてもそれがどのくらいの



力なのかわからないとき、そもそもどうやったら声帯が閉じたり



開いたりするのかわからないとき、声帯の気管の入り口を閉鎖する弁



としての仕組みを知っておくと声帯をコントロールすることができる。




この声帯の話については、別の記事で何度も書いていることになる。



のは、重要だからである。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新