FC2ブログ

【呼吸力】こきゅうりょくであると、考える!!


ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






1405311331242483.jpg




30秒間、なぜ、息が続かないのか?3つの理由があります。



(息の量=呼吸量と考える。)→量は力とおきかえ呼吸力。





1)本来、吸った呼吸量が少なく呼吸力が弱くなる。



2)呼吸量は多いのに、声を出す時の声帯を開くタイミングが




早すぎて息が漏れてしまい、息がすぐになくなってしまう。



呼気量が多すぎて、呼吸力が弱くなる。



3)息の保持が下手なため、吸った息がすぐに漏れてなくなって



しまう。



上記の1)~3)をクリヤーすれば、正しいロングトーンが出来ると



いうこと。




練習方法をいくつか書いておきますので、自然にできるまでガンバろう。







◆息だけの吐く時間を知ろう。



人に時計を見てもらい、どのくらい長く吐いてられるか測ってみる。



息の長さがわかるようにS=ス~の音でやる。



息の量にムラのない、できるだけ少しずつ吐くようにしょう。



・30秒・・・とても良い   非常に呼吸が安定している。



・20秒・・・良い     さらに長くできるようにトレーニングする。 



・10秒・・・難あり    腹式呼吸法を1からトレーニングする。



・10秒以下数秒…危険   声帯や呼吸器官に問題あり。



わたしは、25~30秒くらい練習ではできるが、20秒を目標



として、コツコツと呼吸量を長くして呼吸力を強くしてください。




特に、10秒以下は病気の疑いがありますので、医師の診断を



受けてみてほしい。



◆『あ~音』でロングトーン。



10秒以上の人は、次は母音の『あ~音』で測ってみる。



息の長さと変わりがないなら、声帯のコントロールと起声(アタック)が



効率よく行われていることになる。




◆『あえいおう』の母音5音で測ってみよう。



バラツキがなければ、息の消費に問題がないということになる。




◆『い音』から他の母音に移行する。




『い音』がおそらく長いと思われるので、『い音』を引きがねとして、



すべての母音につなげる練習をする。



また、『い音』は高い声の練習としても、起音となる。




◆ロウソクを揺らさずに声を出す。(ティッシュにしても可能)



息を浪費せずに効率よく声にできるかどうかを確かめるために、




ロウソクの炎に向かって揺らさないように発声練習をする。



昔から話によくでてくるやり方だが、ロウソクも大きなものが



いる。それでは、面倒なことだから、細く切ったテッシュを



手に持ち口の前約10cmに して『S=ス~ゥ』と『母音』を発声して



みてください。



大きく揺れたり、揺れが一定でない場合は息が不安定。



目に見える練習法としてわかりやすい。\(^o^)/



呼吸を強くすることや長くすることは、声にしても、歌に



しても、決定づける大きな要素である。




【呼吸力】S音が30秒できない!!なぜ続かないのか?


その理由は呼吸力にあった!!呼吸力を鍛えることが優先となり、


原因は【呼吸力】こきゅうりょくであると、考えている。





いかがでしょう?参考になりましたら、できることから実践ください。



(2018年5月3日、記事再投稿)





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新