FC2ブログ

幸せメガネを持つ話

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




10日のGWが過ぎ3日であるが、皆さんいかがでしょうか?




この世には、不幸や幸せも存在しない。と思うのである。



そこにあるのは、『目の前の出来事を、幸せと見るか、



不幸と見るか』だけである。という話。




わたしに、ある宿の経営者が、こんな話をした。



夕食を食堂で7時から食べてもらっているが、8時半になっても



席を立たない人が多い。



談話室でコーヒーをどうぞと言って、それとなく片づけはじめても



いいのだろうか?と。



わたしはその話を聞きながらこう話した。



宿の都合で片づけたい時間があるでしょうが、そういう都合は



ちょっとおいておきましょうよ・・・ただ、こういうことだと思うと。



もし夕食がまずかったり、対応が不愉快で居心地が悪かったりしたら、



食べ終わった人はさっさと部屋に帰るはずだよ。



食べ終わってもお茶を飲みながら同席の人と話しているというのは、



食事がおいしい、宿の雰囲気がいい、居心地がいい、楽しい。



からだと思うようにしてみればいいのじゃないかな。



早く終わってくれないかなとイライラしながら見るのではなく、



そういう目で見てみませんか。きっと幸せで仕方なくなるよ。



朝、出かけるとき、宿の前でいつまでも写真を撮り合ったりするのも、



とてもいい宿だったという意志表示なんだから^^^。



それから、そのように心で見ているそうだ^^^。




その事実や出来事は何も変わっていない。




ただ、見方を変えるだけで、同じ事実が「いやなもの」から「嬉しく



楽しいもの」に変わったのだ。




また、五木寛之さんに『生きるヒント』という本がある。



その中に、こんな文章が出ている。



毎日がしんどく感じられたとき、1日に1回、何かに喜ぼうと考えて



手帳を買い込み、喜びを書いていったそうだ。



そしてそれを読み返すと、実に他愛ないものばかりであったことに驚く、



というのだ。



例えば、喜びノートには



きょう電車で窓際の席に座ったので、海が真正面に良く見えた。



デパートで買ったボールペンが、じつに書き心地がよい。



いつになくネクタイが1回で形よく結べた。



嬉しかった。きれいだった。などだそうだ。さらにこう書かれていた。



よろこびはおのずからやってくる感じがある。よろこびたい心の触手を



大きくひろげて待ちかまえていることが大切だ。



見方が変われば自分が変わる。



自分が変われば世界が変わる。



世の中の出来事はすべて中立である。




6_5318_C5.jpg

ただそれを「幸せメガネ」で見るか、「不幸のメガネ」で見るかだけ。





どちらのメガネで見るかだと思いませんか?




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新