FC2ブログ

生徒の頃は、パクろうと必死に真似ろよ!!


ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






20150526_204717.jpg




『できる生徒』は先生のやり方を徹底的にパクる!!




先生=トレーナー=指導者など同じ。



何よりも、まず違うのはこれと思っている。



できる生徒はやり方、その考え方を徹底的にパクる傾向にある。



ほぼ先生(トレーナー)のやり方をパクったり、真似する傾向がある。




逆に。。。



いつまでもできない生徒は、先生のやり方を使おうとせず自己流でやる。



実に、これが、マジに多い現実。



なので、できないうちは、まずは自分のプライドを捨て、先生やできる人を



見ながら徹底的にパクるのが大切だ。パクる(文章は荒っぽいけど)




覚えた知識を普段から使う!!




次に、覚えた知識を普段からフルに使おうとする。



要は、普段の問題からアウトプットができているということ。



いつまでもできるようにならない生徒は、1つの知識をしっかりと



覚えてから使おうとするが、できる生徒は覚えた知識をどんどん使って、



間違えながら覚えていく。それが、パクって自分に身につく秘訣。




単なる練習量不足!!




これはよくある話。



『やったのに、できない』とか『私、やってるのに・・・』っていう生徒、



だいたい練習量が足りていない。



そういう人ほど自己流でやっている人が多いので、何度も言うが、



先生やできる先輩のやり方をパクって普段から使う。



たとえ話をご紹介しますが、歌が上手くなりたいのなら、上手い人



達の集まりに参加することがいい。




あまり聞こえはいいことがないが、上手くない人たちの中に入って



いても上手くはならない。わたしたちは、順応能力があるから、



周りの環境に馴染んでしまう。




また、自分自身も周りと同じようになってしまう。



パクるという話とは少し感じ方がちがうけど、順応とか馴染む



という言葉が適当なのかもしれない。




わたしはゴルフをしないが、『上手い人と回れ』というそうだ。



自分が上手くなれば、もっと上と回れと知人から聞いた。



わたしも生徒の頃は先生からパクろうと必死に真似たものだなあ!!





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新