FC2ブログ

「ふんっ・・・!」と持ち上げるが、お腹は凹んでいない!!こと。

ae7a3fbe3235d87ffa269832e3e054a0.jpg





あるサッカー選手のお話しですが、丹田という場所をハリながら息を



吐きシュートの練習をしていた。




すると



「これ、サッカーのシュートを打つときと同じです。」



「シュートを打つときは、下腹をはる。内臓をはることを、子ども達の



サッカー教室でも教えています。それは、リラックスしながら力が



発揮できるから。



なるほど、ボイトレと同じだった。



妙に納得していた。





つまり、何かをすると、変なところに力みがきてしまう。



しかし、丹田をはることで、インナーマッスルを使えるようになり、



余分な力がぬけて、パワーが発揮できるというもの。



声を出すときも同じことである。




丹田をはることで、横隔膜が使いやすくなり、のどに力みが



なくなるというもの。





酒屋のお兄さんが、腰の低い位置でしっかりと前掛けを



しばっている。




あれは、重い酒瓶を運ぶときに、腹に力が入りやすくしているのだ



という。




引っ越し屋さんでもそうですが、重い荷物を運ぶとき、息をはきながら



「ふんっ!」と持ち上げますが、お腹はへこんでいない。





わたしは、最初、なかなか丹田をはりながら発声することが



できなかった。




そこで、腰痛ベルトをぎゅーっと巻きながら練習した。



ベルトの圧力を押し返すように下腹をはって発声することで、



声がよくなる。




息を吸うときも、なるべく大きく身体いっぱいにとりこむように



吸うようにする。



今でも腰痛ベルトをしながら練習していることがある。



昨日の記事の続きですが、腹式発声のコツがここにある。。。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新