FC2ブログ

『ガチガチ首の対策』


ありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





昨日からの雨が午前中は残った。




少しは暑さが、和らいだので良かった^^^。





201704_02_resipe1_01.jpg





首がガチガチになる人の・・・対策は^^^!?




・・・について考える。




『喉を開け』ということ。。。



『舌を下げろ』ということ。。。





正しくは、喉仏の位置が変わり自然な響きが失われることがある。




たしかに、『喉を開け』とほとんどの指導者は教えているが、




舌の位置、喉仏の関連は曖昧なものになっているのが事実。





先日も、前記のように『やってみて・・・』と様子を見ていた。




開いているような、急に『声楽家』っぽい『ウオ~っ』となる。




思わず、悪かったけど『え~っ!それなに?』と笑ってしまった。




『でも、言うようにやってます!』と言われちゃって・・・すみません。



『笑わないでください!!マジメにやってますけど!!…』である。





よ~く口~喉~首まで、観察すると、ここだ!!と気がついた。




わたしも、生徒のころは、”声楽家のモノマネ”でやってしまった




と思いだした。最初は、みなさんが同じ道を通るよ。



低く。太く。大きく。不自然な。・・・響きのない。




それは、喉を開く行動と舌を下げる行動と意識が、反発し




舌根の強靭な筋肉が戦っているからであった。




舌を下げるが舌の根はカチンカチンの状態であるからと感じた。




首に触れると、柔らかさがなくなっていた。




横に広がり、筋だっているから、こりゃ~ダメ!!だった。




そのまんま、歌うと段々と『かすれ』や『反転』となってしまった。




終わってからの、自己反省では、喉は広く開き、舌は下がり?




そればかりか、過剰な意識が行って強くなりすぎ、せっかくの




開いた空間を、また、狭めるように舌の中間が上がろうとした。




それが、舌の自由を失いカチンカチンに首を固めたようで。




また、喉仏(軟骨)を固めてしまったようだ。




反省すれば、




・喉を開くこと。




・舌を下げること。



・舌根をリラックスさせること。



・無理やりさげようとすれば、首がカチンカチンとなる。




いきなりの喉の開く。舌を下げるは出来ないのだった。




舌根をほぐすことと脱力から入ることだった。




当然だが、首周りの筋肉のほぐしやストレッチはやりましょう。




失敗は成功のもととしてくり返してやろう。





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新