FC2ブログ

歌唱力って何だろう?どうしたら・・・??



ありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






6a62aea8e192ba073c9a7be95b201042.jpg






歌、歌唱力を上げる方法、歌がうまくなる方法ってありますか?





という質問も疑問も多いのは現実的である。




そこで、わたしがやっていることも合わせて話しましょう。





歌が歌唱力というのは、単に声量があるとか高い声が出るとか




ということとは、少し違っている。




もちろん、そうあることに越した事はないけど。




歌の歌唱力は一言で言うと『表現力』だといえる。




絵画に例えれば、『歌のテクニック』は絵の具の種類や筆の種類の




ようなもの。




濃淡だけで表現する水墨画のような芸術もあるわけ。





歌の世界も、いろんな歌手がいる?




そうすると、今ある使える声を、どれだけ表現に活用できるか?が




上手さの鍵になってくるわけで。




では、上手くなる方法はあるか?ということになると、あるが、




やはり、いろいろプロセスを踏む必要はあるようだ。




一番手っ取り早いのは、そのようになりたい歌手を真似て何度も




練習する事。だと、先般にも書いている。





それでは、ボイトレで何をやればいいのか?




ボイトレは上記でいっている絵の具の種類や筆の種類を増やす




練習。上手くなるための役には大いにたつ。





どういう、ボイトレをすればいいのでしょう?




周囲を気にしなくていい環境で、歌う前に以下のウォーミングアップ




をしてみてほしい。面倒くさがらずにやりましょう。




1)リップロール:高い声を出すのに必要な腹式ができて喉が




開いていないとできないので効果的。





2)ハミング:声の通りをよくする鼻腔共鳴に導く。




ドレミのメロディーでキーを変えて発声練習する。




ハミングは口を閉じているので、息が鼻を抜けるしかなく、鼻腔共鳴に




導きやすい。このときの鼻腔の響きをよく確認してほしい。





3)んあんえんいんうんお:通常の発声にハミングの響を持ち込む。




つまり「ん」の発音をきっかけにしてハミングの鼻腔の響きを持ち込んだ




母音の発声練習をしているわけ。単音でキー上げて行う。




「んなぁ~~~・んまぁ~~~」とロングトーン気味に滑らかに伸ばして




、これもキーを上げて限界までやろう。




ここまでは、比較的クラシック音楽の発声に近いが、




喉に優しいのでウォーミングアップにも最適だ。




さらには、ゆっくり喉を開くトレーニングにもなっている。




これで十分喉の準備ができていく。





ここまでするのに20~30分はかかると思いますが、もし時間が無い




ならリップロールだけでもやってほしい。




リップロールに慣れて、リップロールだけで1曲歌ってしまうというのも




インスタント・ウォーミングアップとしてお勧めの方法。




今回は、表現として声を使えるためのボイトレについてご紹介




をしてみた。なんだよ、そんなことか!!と思わないでください。




このような基礎中の基礎が歌の表現や歌唱力の濃淡となる。




コツコツ地道なことですが、遠回りは、近道であると信じている。




今日は8月の最終日。もう、明日は、9月、セミも止み、コウロギも鳴く




心地のよい天候となるように祈る次第。





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新