FC2ブログ

これが七夕のルーツだった!!

今日の七夕のルーツを初めて知りました。今日もご訪問いただき感謝いたします。

ゆっくりと、お過ごしください。中国古来から伝わる五節句のひとつ。

この日が、1月7日。3月3日。5月5日。7月7日。9月9日。いみのある日。



七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事で、

一年間の重要な節句をあらわす。

毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、

星にお祈りをする習慣が今も残ります。あなたも子供のころ、

たくさんの短冊をつるしておりひめとひこぼしにお願いごとをしたのではないでしょうか?

では七夕はいったいいつから、どのようにして始まったのでしょうか?

その起源には多く説がありますが、

(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)説
(2)おりひめとひこぼし伝説
(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」説

という行事があわさったものと言われています。

棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ

、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというもの。

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)

にこもって神さまのために心をこめ

て着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになった。

現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われている。


.琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる

牽牛(けんぎゅう)星は農業の仕事をつかさどる星と考えられている。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで最も光り輝いているように見えることから、

中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれた。


平安時代にその話が日本に伝わると、宮中行事として七夕行事が行われるようになった。

宮中の人々は桃や梨、なす、うり、大豆、干し鯛、アワビなどを供えて星をながめ、香をたいて、

楽を奏で、詩歌を楽しみました。サトイモの葉にたまった夜つゆを「天の川のしずく」と考えて、

それで墨を溶かし梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていました。梶は古くから神聖な木とされ

、祭具として多くの場面で使われてきた。


江戸時代になり七夕行事が五節句の一つとなると、七夕は庶民の間にも広まり、

全国的に行われるようになりました。人々は野菜や果物をそなえて、詩歌や習いごとの上達を願った。

梶の葉のかわりに五つの色の短冊に色々な願い事を書いて笹竹につるし、星に祈るお祭りと変わった。

中国には古代より、木・火・土・金・水の五つの要素によって自然現象や社会現象が変化するという学説があり、

五色のたんざくはこれにちなんだ緑・赤・黄・白・黒です。中国ではたんざくではなく、織姫の織り糸にちなみ、

吹き流しや五色の糸をつるします。また、たらいに水を張って梶の葉を浮かべ、そこに織女星とひこぼしの二つの

星をうつしておりひめとひこぼしが無事に会えるようにと祈った。


.今は。。。
7月7日の七夕の夜、おりひめとひこぼしは待ちに待った「再会」という願いをかなえる。

人々は「二人のように、願い事がかないますように」と、たんざくに色々な願い事を書いて、

笹や竹の葉に飾るようになりました。

冬でも緑を保ち、まっすぐ育つ生命力にあふれた笹や竹には、昔から不思議な力があると言われてきました。

神聖な植物ゆえに、そこに神を宿すことができるとも言われています。祭りの後、

竹や笹を川や海に飾りごと流す風習には、竹や笹にけがれを持っていってもらうという意味。

.今日もご愛読いただきましてありがとうございました。♪

このヴォーカル・タグ1日1回クリック、お願いします。あなたとのご縁を心より祈願いたします!!


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別更新