FC2ブログ

”横隔膜を鍛えることは、声を大きくすることになるの?”

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。
わたしのブログにお越しいただきありがとうございます。


横隔膜を鍛えることは、声を大きくすることになるの!?
『 声の大きさ』は生まれつきのものではありません。


あなたが発声練習をして声の出し方をマスターすることで、声をハキハキと
大きくすることができます。


現にわたしが、大声が出せない人間でしたので。。。
わたしのようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ読んでみてください。


声が小さい・大きな声が出せないわけ?

※腹式呼吸ができていない。。。
※声になる空気量が足りていない。。。
※横隔膜を使えていない。。。


その理由は、まず腹式呼吸ができないことで、肺に十分な空気が入らない。


この横隔膜が上手く使えないと、声量も大きく低下します。

大きい声のだし方『横隔膜を鍛えるドッグブレスのやり方』

①口を楽に開ける。
②犬が暑い時にやる呼吸をマネるように「ハッハッハッハッ・・・」とする。
③•これを、1回15~60秒を毎日2~5セットやる。


この「ドッグブレス』といって、犬呼吸をマネるボイトレです。



左右の肋骨のすぐみぞおち当たりを手で軽く押さえながらドッグブレスをしてみてください。
お腹の真ん中ではなく、肋骨とお腹の境目辺りが動いているのがわかりますか?。


この横隔膜の動く感覚をしっかりとつかんでください。


声を大きくするボイトレ。

•ドッグブレスのやり方で、「あ」「い」「う」「え」「お」と短く切って発声する。
•ドッグブレスのやり方で、「あ~」「い~」「う~」「え~」「お~」と、やや伸ばして発声する。


先ほどのように横隔膜が動いていることを意識しながらやります。
この発声練習を続けていくことで、日常生活の会話でも、自然に横隔膜を使って
大きな声を出すことができるようになっていきます。



ドッグブレスでお腹から張りのある声と、尚かつ本格的なビブラートができる。
『腹から声を出す』というのは、お腹に力を入れて声を出すのではなく、
横隔膜に圧力をかけながら声を出すことです。


ドッグブレスには、声量をアップさせる効果もあるので、ステージ前にもおすすめです。


ドッグブレスで横隔膜を鍛えることで、喉ビブラートではなく、お腹を使った本格的なビブラートが
できるようにもなるので、歌唱力がアップします。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ヴォーカル人気ランキング参加してますので
タグマークにクリックいただければ幸いです。


にほんブログ村ランキング
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新