FC2ブログ

声帯自体はうごかない!!呼吸とひとつになってうごく!!

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。
今日もブログにお越しいただき感謝いたします。


声帯自体はうごかない!!呼吸とひとつになってうごく!!


『呼吸』について大切なことは『肺活量』ではなく『呼吸圧』
『横隔膜の反発力を応用した、呼吸圧』ということです。


自転車に空気を入れる時に、がんばってポンプを押します。
空気を入れ終わって金具を外すと『プシュー』と圧力が抜けますね。
その圧力を、つけるのです。呼吸の圧力を大きく強くすることです。



声が小さいと悩みの人で、『肺活量がないから声が小さくて…わたしはムリ』
という人がいます。実は、大きな間違いです。


わたしは、声量は人より正直には劣りますが、補いはスタカートと滑舌と発音で
鍛えて、聴き手にはバレないようにけんめいな練習をしました。



もちろんオペラとかはすごい肺活量を持っている人もいますが、普通で言えば
『肺活量と声量はほぼ関係なし』と思ってください。


声は、声帯の2枚のひだがその間を通り抜ける息によって振動させられることに
よって鳴ります。
それで『流れる息の勢い』が強いほど、声帯は強く・大きく振動します。


さらに呼吸量が多ければ、少ないよりは呼吸の勢いは増えます。


同じ呼吸量でも、声帯の間の隙間が狭いほど、声帯の閉じ方が強ければ通り抜ける
息の圧力は高くなり、声帯は強く振動することになります。


『声帯をコントロールする呼吸を高める』ことを身につけることが最適なのです。



だから、呼吸について大切なのは量ではなく圧力を高めることだと覚えておいてください。
それから、腹式呼吸が必要とされるのも、この圧力をかけやすく維持しやすいのです。



※声帯は閉めて、余分な力は抜くことです。


理想的な声帯の締め方でなければ、力を入れれば入れるほどに
『振動を妨げる力』も入ってしまってしまって、結局どれだけ力んでも声量が大きくならない
となってしまうこともよくあるので注意しましょう。


『声帯は、きっちり締め余計な力は抜く』と考えながら力を入れていくように練習します。


声は、息が押しあがってきて→息が声帯を息がこじあけて→もう一度閉じて
→『ア~』、となり。ただ『ア~』と発声しながら『声帯が閉じてる』
と思う人はいないと思います。(出た声で判断できるのです)


閉じ方が甘いと、『ア~』が『HA=ハア~』に近い声になります。
『H』の子音が息もれになるのです。
少し感覚的なことで、わかりづらくすみません


声帯自体はうごかない!!呼吸とひとつになってうごく!!


この『備忘録』が今日もお役に立ちましたら幸いです。
ヴォーカル人気ランキング参加してますので
タグマークにクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村ランキング

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別更新