FC2ブログ

カラオケ超高得点(95~99点)スコア―を出すための攻略!!

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。
今日はカラオケで超高得点(95~99点)スコア―を出すための攻略法!!を
年末年始のカラオケ採点バトルでこれができれば95~99点になると言われる
ネットDAM情報よりご紹介いたします。
わたしもかなり詳しく調べましたがこれがすごく詳しいものです。

紹介しますたくさんの方法は点数稼ぎのウラ技や攻略法です。
あらかじめお話ししますが、人が聴いての上手さの評価と等しいとは限りませんので。。。



~「精密集計DX」活用のおススメ~

カラオケ採点で高得点を取るためには,機械の仕組みを把握することも当然重要ですが, 自分の能力・傾向を把握することも同じく重要です.
あなたの得意項目や苦手項目を知り,それに合わせた練習をすることが上達への近道です.

そこで,そのためのウェブ「精密集計DX」を活用します。

このサービスは,自分の精密採点DXの記録を自動で集計し,非常に詳しく分析します.
得意項目・苦手項目はもちろんのこと,一日の調子,曲別の最高点,最高点別の曲数,ビブラートタイプ,裏加点など,あらゆる面から自分を知ることができます.

また,カラオケルームから即座に記録の詳細(LIVE DAM の結果表示画面より詳しい)を見ることができます.
95点以上を目指す方はぜひ活用しましょう!

~音程攻略法について~


精密採点DXにおいて,「音程」は最も大きなウエイトを占め,また,多くの人にとって最も伸ばすのが難しい項目です.
音感という地力を上げるのには時間がかかるため,ここでは,技術で音程正確率を上げる方法を紹介したいと思います.

~採点方法について~

jあなたの音程が,画面上部に表示される音程バーとどれほど合っているかで採点されます.
•音程バーは半音単位での表示ですが,実はさらに細かく見られています.正しい音程と比べて -1/8 半音 ~ +1/8 半音の範囲に収まっていれば「完璧に合っている」と判定されます.
•1ページのうち,一部だけ 4/8 = 1/2 半音以上音を外す(=音程バーからはみ出す)のは,ほとんど減点されません.単なる「ミス」と判定されるためです.
•一方,多くの部分で 1/8 半音以上音を外すのは,それが 2/8 半音以下であっても,大きな減点に繋がります.
•1/8 半音単位の音程のズレは,音程バー上を流れる「小さな青い星」を見て判別することができます.自分が出している音程が青い星で表示されており,その中心が音程バーのちょうど上端にあるとき,音程が完璧に合っていると判定されています.
•1ページ歌い終える直前に流れる星は,そのページ(の途中までと前のページの途中から)の音程正確率を表しています.


◦虹色:90%以上
◦金色:80%~90%
◦赤色:70%~80%
◦青色:60%~70%
◦星無し:60%未満


音程攻略のコツ

歌詞を覚えてしまい,下の歌詞をなるべく見ずに歌えるようにしましょう.これにより,音程バーのみに集中し,青い星を凝視することができます.
•マイク音量を小さく or ゼロにして,ガイドメロディを大にします.さらに,スピーカーの近くに立ちます.そうすることで,自分の音に惑わされることなく,正しい音程を聞きながら音が合わせられます.
•チューナーを使って練習するのが効果的な場合もあります.チューナーは自分の耳では判別できないズレも客観的に表示してくれるため,自分の音感の特徴を知ることができます.
•ある程度音感のある方でも,本来の音程より少し低め(フラット気味)の音を出してしまうことがあります.その場合は,少し高めを意識して歌う,または,少し上の方を見る,頬の筋肉を上げて笑顔で歌う,声を張り上げる(いずれも少し高い声が出ます)などの対策を取るとよいでしょう.

音程は確かに最重要項目ですが,他の項目の評価次第では,音程正確率より 10~15点ほど高い点数を取ることは可能です.
例えば,音程正確率が80%台前半でも95点を取ることは十分可能ですし,音程正確率が90%あれば,99点以上を取ることも可能です.
音程を合わせるのが苦手だという方は,思い詰めず,他の項目を練習するのも良いかもしれません.


~表現力について~


精密採点DXにおいて,「表現力」は音程の次に重要な項目です. しかし,ちょっとした技を使うだけで,簡単に高評価が得られる項目でもあります.

~表現力の採点法について~



•抑揚(声量の変化)の大きさ,こぶし,しゃくり,フォールの回数で採点されます.抑揚で9割方決まり,こぶし,しゃくり,フォールの配点はかなり低いです.
•抑揚は表示上は 0~10の11段階評価ですが,内部では安定性と同様に100点満点で評価されています.(100点満点の数値を知ることは不可能です.)
•よく言われる,「抑揚はメロは小さく,サビは大きく」は嘘です.高評価のためには,1~6の演奏区間のそれぞれで,大きい音と小さい音を入れる必要があります.
•こぶし,しゃくり,フォールの中ではしゃくりが最も重視されています.しゃくりは30回以上,こぶしは5回以上で表現力100点が取れます.フォールは0回でよいです.ただし,どれも多すぎて減点されることはありません.
•しゃくり,こぶしによる「加点」の総合点への影響は最大でも0.5点程度です.「加点で稼ぐ」というのは幻想です.


~詳細情報(精密集計DXより紹介)~


•抑揚が10ならば表現力が90~100に,抑揚が9ならば表現力が85~97に,抑揚が8ならば81~91になります.
•こぶし,しゃくり,フォールが全て0回の場合,抑揚が10ならば表現力が90~93に,抑揚が9ならば表現力が85~89に,抑揚が8ならば表現力が81~84になります.
•これらが「表現力において抑揚の配点が高いこと」「抑揚が内部では100点満点で評価されていること」の根拠です.

~表現力についてののコツ~

抑揚は,演奏区間内でマイクの距離を変化させることで容易に高評価が得られます.例えば,演奏区間内で最も高い数音だけマイクを近づけ,それ以外の部分ではマイクを離します.
•マイクを急に離すと上手く音が拾われず,音程が下がることがあるため,ゆっくりと離します.(近づけるときは大丈夫.)
•しゃくり,こぶしの練習は,総合で98点以上取れるようになってからでいいです.
•こぶし,しゃくり,フォールに関しては,YouTube に上がっている精密採点DXで100点!! セビトのオハコである 「別れてもありがとう」 という動画の9:50付近から解説があります.
•抑揚の点数やこぶし,しゃくり,フォールの回数と,表現力の点数との関係については,「100点の記録」のうち,表現力が特に高い記録が参考になるでしょう.

マイクを動かして多めにしゃくるだけで高評価が得られるオイシイ項目ですので,ぜひとも得点源にしたいところです.
しゃくりが苦手な方は,解説動画を見ながら練習してみましょう.

~ビブラート & ロングトーンついて~


高得点を取る練習を全くしていない場合,伸び代が最も大きい項目です.
習得には少し時間がかかりますが,一度習得してしまえば大きな武器になります.

~ビブ&ロングについての採点法~


•ビブラート・ロングトーンともに,上手さのみで評価されます.ビブラートのタイプや合計秒数は点数には直接の関係はありません.
•ビブラートは合計秒数が1秒未満だと,上手さの評価が必ず 0/10 になってしまいます.
•ビブラートタイプのボックス型は,A→B→Cの順に遅く(周期が長く)なり,1→2→3の順に深く(振れ幅が大きく)なります.
•速いビブラートより遅いビブラートの方が波形を整えるのが簡単なため,採点上有利です.同様に,浅いビブラートより深いビブラートのほうが有利です.
•ロングトーンは,ある程度(0.5~0.6秒くらい?)以上同じ音程で音を伸ばした箇所で,その音程(ピッチ)が正しかったかを見ています.
•そのため,ビブラートをかけた箇所はロングトーンの採点対象外になります.
•長いバーが無い曲では,どうしてもロングトーン評価を稼ぎにくく,低くなってしまうことがあります.

~詳細情報(精密集計DX調べ)~


•100点の記録のうち,ビブラートタイプがB-3のものは60%程度,B-2のものは30%程度,C-2またはC-3のものは7~8%程度です.その他のものは2~3%程度しかありません.

~ビブラートについてのコツ~
•ビブラートが浅めだと,ビブラートをしても検知されない,または検知が遅れてしまうことがあり,安定性の減点に繋がります.ビブラートタイプは B-2,B-3,C-2,C-3 のいずれかを強くおすすめします.
•それらのビブラートができない方は,ビブラートの解説動画を見て練習をしましょう.YouTube等で検索すればいくつも見つかると思います.
•ロングトーンは一箇所だけ正確なピッチで1~2秒程度伸ばすだけで満点がもらえます.多くても数箇所で十分です.何箇所も伸ばすと安定性(後述)に響きます.

ビブラートがかけられるようになると,後述する安定性も一緒に上昇するので,是非ともマスターしたいところです.

~安定性について~



総合で98点~99点以上を目指す場合に必要になってくる項目です.
安定性の評価を上げるためには,上手なビブラートをかけることが必須です. 逆に,ある程度上手なビブラートがかけられれば,90~95点は取れてしまいます.
「ビブラート&ロングトーン」の平均が90以下の方は,先にそちらの練習をしましょう。

~ビブラートについての採点法~


•息の不足やかすれから来る,ビブラート未満の不安定な声の震えを検知して採点します.
•ある程度(0.2~0.3秒くらい?)以上の同じ音程で音を伸ばした箇所が安定性の採点対象になると思われます.
•ビブラートをかけると,安定性の採点対象外になると思われます.
•しかし,下手なビブラートをかけると,ビブラート検知までタイムラグがあり,その間の震えのせいで安定性が減点されてしまいます.上手さが 8/10(○4つ)程度のビブラートをかけることが必須です.
•同様に,浅いビブラートをかけたのに検知されなかった場合,安定性が大きく減点されてしまいます.
•以上のことから,安定性項目の評価は「ビブラート&ロングトーン」項目の評価と強い正の相関があります.

~ビブラートについてのコツ~


•とにかくビブラートをたくさんかけます.長めのバーでは,ロングトーンを稼ぐ箇所以外全てにかけるくらいの気持ちです.
•声が震える一番の原因は,息の不足です.間奏中には深呼吸をし,歌う際は頻繁にブレスをします.バーが切れる所はもちろん,バーが繋がっている箇所でも無理やりブレスを挟むと良いです.
•自分の音域と比べて,低めの音,高めの音は声が震えやすいです.声が震えやすい箇所には積極的にビブラートをかけます.
•しゃくりを多めにします.検知されなくてもよいです.これは,安定性の採点対象箇所を減らすためです.
•同様の理由で,バーの本来の長さよりも早めに音を切ります。
•腹式呼吸は安定した発声のためには不可欠です.安定性が高くなる発声方法を試行錯誤すると良いでしょう.

安定性は,稼ぐものではなく減点を最小限に抑えるもの,というイメージです.

安定性は,精密採点DXで99~100点を狙う際,悩まされる方が多い項目です. 安定性評価が高く,100点を出している方の動画は大いに参考になると思います.

リズム



総合点への影響が最も小さく,容易に高得点が取れる項目です.

採点方法

•採点結果2ページ目では,3タメ~3走りの7段階表示ですが,実際にはより細かく11段階で評価されています.「精密集計DX」では11段階評価の値が確認できます.
•タメより走りの方が減点がかなり大きいです.

コツなど

•テンポが遅めの曲では少し走り気味で歌うと高評価が得られるようです.
•しゃくりをしたつもりでも検知されないと,リズムがタメになりやすいです.

効率良く点数を上げる練習順の例


総合点が80点台後半の方が,95点を目指す際のオススメの練習順です. 配点と伸ばしやすさを考慮しました.
1.一日の抑揚平均が8以上である
2.一日の音程平均が80以上である
3.タイプがB-2,B-3,C-2,C-3のいずれかであるビブラートが1曲中で10秒以上出せる
4.上手さが7以上のビブラートが1曲中で10秒以上出せる
5.一日の抑揚平均が9以上である
6.一日の音程平均が85以上である
7.タイプがB-2,B-3,C-2,C-3のいずれかであり,上手さが8以上のビブラートが1曲中で20秒以上出せる

これらが全てできるようになれば,95~97点程度取ることができるようになります.
97点以上を目指す場合,これに加えてしゃくりや安定性,さらなる音程の練習をします.


「裏加点」について


実はレーダーチャートの5項目を埋めるだけでは100点を取ることはできません.
なぜなら,隠れた加点項目「裏加点」が存在するからです.

声に高周波の倍音成分が多く含まれていると,響きのある良い声質だと判定され,最大で2~3点程度加点されます.
(実際にそれが良い声とは限りません.)

倍音って何?という方は,こちらの記事を参考にされると良いでしょう.
→「良い声」の正体…倍音とは
→「丸い響き」とか「柔らかい響き」とか。

簡単に言うと,倍音が多い(裏加点が入る)のは,キンキンした声ということです.

しかし,声質を変えるということは非常に難しいです.
そのため,100点を目指す人々の間では,裏加点が入りやすい(キンキンした音になる)マイクを使用することが常識になっています

そのマイクが,こちらのCUSTOMTRY製「CM-2000」です.

このマイクとケーブルを持ってカラオケ店に行き,LIVE DAM の正面右下の穴に接続にすれば,普通に歌うことができます.
LIVE DAMを壊さないよう,必ずマイク音量を0にしてからケーブルの抜き差しをして下さい.
1000円のマイクを買うだけで,人によっては1~2点程度上がるため,高得点を目指す方には特にオススメです.

おわりに

以上のポイントをまとめます.
•ガイドメロディをよく聞きながら歌うべし!
•各演奏区間で,数音だけマイクを近づけ,残りは離す!
•B-2,B-3,C-2,C-3のビブラートをたくさんかけるべし!
•腹式呼吸とブレスは基本!
•「精密集計DX」を活用し,自己分析すべし!

カラオケの楽しみ方は、それぞれですが,『採点で超高得点の95~99点を目指す』,解説記事を書かせていただきました.
高得点スコアラーが一人でも多く増えることをスコアラーの一人として願っています.

特に超高得点をたたき出す人たちの特長は、カラオケマシーンの特性・自分の特性を熟知した人の勝ち!!


この『備忘録』が今日もお役に立ちましたら幸いです。
ヴォーカル人気ランキング参加してますので
タグマークにクリックいただければうれしいです。


にほんブログ村参加


にほんブログ村参加
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新