FC2ブログ

歌を歌う時には、その曲を伝える『声の○○力』が必須!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今朝は、早朝から遠征するよ^^^



昨日のうちに、記事を取りまとめてきた。




5708114364_a9774b69bd_b.jpg




歌唱力と演技力というのは、とても密接な関係がある。



歌を歌う時には、その曲の歌詞の意味を伝えられるだけの



『声の演技力』が必須である。




演技力が乏しい人が歌う歌というのは、どことなく味気ないものに。



けれど、『感情が伝わるように歌いたい』と思うあまりに、



無茶な発声をしたり、響きを無視した発声をしたり、



曲そのものに感情移入しすぎて歌ったりすれば、



リスナーには『自分だけ・・・頑張って歌っているだけ・・・』で、



あまりつまんないよ!!と、感動を与えられるものにはならない。




こういうことを、文章だけで説明するのって難しいが、



少しのご辛抱をください。




歌や音楽には、教えられる部分と教えられない部分がついて回る。



技術やテクニックは教えることは可能だろうが、感覚や感性を含めた



演技力はなかなか教えられないし、また、教わるものか?と考える。




プロとアマと比べると演技力があるか!ないか!が大きな実力差を



つける要素だと思はないか?




たくさんの思い当るものが、浮かんできますが、最終的には、



演技力のちがいと力の差が決定するものじゃないかと



思いながら、観て聴いている。




歌が上手い、声がいい、スタイルがいい、顔がいいなど・・・も



もちろん、要素かもしれません。特長かもしれない。



しかし、演技力を持ち、表現できれば、観る人の心を揺さぶる。




歌を歌う時には、その曲を伝える『声の演技力』が必須!!



が正解と証する。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


歌のボイスライフを作ってみよう・・・よ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





1510291405072483-600x400.jpg




ご覧のあなたは、



ほとんど歌が本業ではないけれど、本気で歌っていると思う。



もちろんプロのアーティストを目標に頑張っている人もいるだろうが、



それは全てではないでしょう。




あなたが歌うことで輝ける場面は、いたるところにあるでしょう。



歌うことを楽しみながら充実した毎日を送ることも可能だ。 



あなたの歌には、価値があるはず。



実際にあなた自身が息をして、歌を奏でることができる世界で。




プロの世界に比べると、小さく見えるかもしれないが、同じ価値が



あると思っている。



あなたの歌が、聴き手の胸を打ち、心躍らせることができれば。



あなたの歌が、際立つオーラを持ち、輝くことができれば。



こんなに素敵でワクワクすることはないだろう。




何よりも、あなた自身の人生そのものと言える。



あなたの、歌はそこに流れている空気の色をも変えるもの。



あなたの歌もそれができるようになるはずだ。




歌は心の景色までも変えてしまう。



私自身も今まで、歌うことで戦ったことも、しくじったことも、



自分を見失ったことも、ボロボロにもなった。



歌うことの喜びも幸せも満たされる充実感も知ったつもり。



わたしがレッスンする人たちは、ほとんどは、普通の人。



プロのアーティストではないが。。。



普通に仕事を持っていたり、主婦や学生、育児や介護の中にある大人。



歌だけに打ち込めるわけではない人たちないんだ。



いろんな面で条件が整っているわけでは、ない。



ない時間を作ろうとしている。



歌うことに悩み苦しんで懸命にもがいて見えるが。




わたしは



『思うように歌えない原因』となっている心の持ち方や意識を



改善することで、大きく変化していくことを学んできた。



レッスンされる皆さん、少ない時間の中で、こんなにも歌うことに



真剣に向き合っているのは、歌うことは生きる実感であり、活力源と



なるような歌のボイスライフを作ってみよう。



では、また、明日^^^




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


『・・・習ってるよ』が、しかし、その安堵感が油断である!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




このタイトルはマジかよ・・・!!と感じるはず!!



歌が上手くなるためにボイトレレッスンを受ける場合、




shutterstock_773299876-w960.jpg

お姉ちゃんが先生??




これだけ、お金を払うならその結果を出したい。



これは当然の話。



でも、それだけでは歌が上手くなるわけではない。



なぜなら、その答えは、『あなた自身』が持っているから。




高い月謝だから『あとはお願いしますよ』では、やるのはあなた自身。



教えるトレーナーでも先生でもありませんから。




当たり前だよ!と思うでしょうが、じつは『やらされてる』になっている。



・・・が多いのよ。



ここが、重要なポイントよね。



ここで、大きな意識のはき違いを生み出してしまう人がいる。



・スポーツジムに通ったが、どうも思うように進まない・・・。



・スタイリストさんに髪をきれいにしてもらう・・・。



・プロのコンサートに行って勉強になった感がある・・・。



・お金を払ったんだから、その成果が付いてくると思ってないか?




同じように、ボイストレーナーに付いて上手く歌えるようにしてもらう。



高いお金を払ってるんだよ、・・・いつかは上手くなるよ!!



・・・という意識ではダメ!!。



月にたった2~3回のレッスンに来られてボイトレやって、



何曲か歌って帰るだけでは、もったいない話しよ。




『なるほど・・・やっぱり、上手くなるには練習しなきゃ!ダメよ。



 自分でも、あきるほどやる!!』



と、その時は本気で思っても、また同じことを繰り返してしまう。



このような人は、誰に、何を、どう習っても上手くはならない。



それは、自責にしないで、他責にするからよ。



先生やトレーナーの教え方が悪いから・・・上手くならない!!と



認識してしまうのでね・・・。お心当たりの方はお気をつけください。




でも正直これがダメだとは、まったく思いませんが、傾向的に多い。



プロ歌手にとって、それが当然やらなくてはならないことであっても、



一般の生徒さんたちにとっては、当たり前でなはいのだ。



楽しむための歌であり、そのスタンスをとても大切に思うからでしょうか?



だからこそ、『意識や認識』が大切なことだと言えるはずだ。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


息は長~~く『ロングブレス』とは、要するに、最低30秒~目標60秒をねらうってことだ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今日の天気は快晴、いいことが起きる日だ!!




gahag-0092593752-1024x684_20180411100740058.jpg

フーウと吹いてみよう^^^できるかな?




まずは、いつも話している腹式呼吸のおさらいをしておこう。



お腹周りを取りまく筋肉と横隔膜が柔軟に動く必要があろう。



お腹周りの筋肉を引き締めて、横隔膜が上がった状態になると、



元に戻ろうと収縮し、反発しようとする。




その収縮がある状態でお腹周りの筋肉を緩めてやれば、自然と



横隔膜が下がり、息が入ってくるという仕組みになる。



仕組みのおさらいは、以上だが、




次にポイント練習法を、ご紹介しておこう。




①姿勢よくして立ち、体内のすべての息を吐き出す。



②特に、お腹を使って凹むまで圧迫するように。




③次に、腹筋や腰回りの筋肉を使ってお腹を一気に膨らませる。



④できるだけの息を吸いこみいっぱいになれば止める。




⑤次に溜めた息を、歯と歯のすき間からゆっくりゆっくりと吐き出す。



⑥『スーッ』とかすかに音をたてるくらいに長く、細く、少しづつ・・・。




⑦これを、ただ・・・ひたすら繰り返す。反復練習をやること。



⑧最初は10秒・20秒・30秒・・・最高は60秒を目標に、60秒=1分。



※たんなる、これが、ボディーブローとなり有効となるはずだよ。



また、ストローをお使いになって吐き出しても結構。



どちらでやっても、同じ効果になるはずだから。



溜めた息を細く・長く・ゆっくりを心がけて行う。



要するには、目標60秒をねらうってことだ。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


練習頻度や時間を守らないと声帯が壊れる!!必ず○○○前には止める!?

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






声が出ない対処方法-300x201

声帯は長時間の練習には耐えられません。



くわえて、



喉声での発声だと、短時間でも嗄(か)れてやられてしまうのです。



それでは、正しく適切な練習頻度や時間はどのくらいでしょうか。?



正しく適切な練習時間はあるのでしょうか。



今回は、歌を学ぶ上でとても大切なことですね。




【練習頻度】をわかってくださいね。



大まかには、3つのルールを守って練習をしてください。



・・・以下の3つのルールを守って練習すれば、



・ 喉を傷めない。



・声の調子を崩さない。、



・効率の良い練習ができる。




【ルール①】練習は1日1回だけにする。



まずは、一番重要なルールから。



歌の練習は、1日1回だけにする。最大で1日1回です。



断続的に何度も練習してはいけないです。



熱心に練習すれば良いというものではないのです。



歌は、1日一回!



よし、この時間に集中してやろう~と、決めて、



その時間内で集中して行う。



終わったら、もう、その日は歌は歌わない。また明日にする。



これが正しい練習の仕方です。



それは、なぜでしょう?



練習は筋トレと同じだからです



筋トレは、1日に1回ですよね?



朝筋トレして、夜も筋トレする方は、筋肉を破壊しすぎてしまうから。



ダメにしてしまうから、やりすぎはダメです。



歌も筋トレと同じです。 歌は運動です。



歌を歌うと、声帯、その周りの筋肉、



首、喉、腹筋、背筋、ふくらはぎと、



あらゆる筋肉や身体の部位を総動員となります。



だから歌ったら、十分に休ませる必要があります。



休ませずに、疲れを溜めた状態で、 断続的に、連続的に、



声帯を酷使し続けると・・・声帯や身体が悲鳴をあげて、、、



ポリープができる。という事です!




【ルール②】歌の練習は枯れる寸前で止める。



よく生徒さんから質問を受けます。



「何時間くらい練習すると良いのでしょうか?」とか。



その質問には必ず、「枯れる寸前まで」と、答えます。



喉声で発声している場合は、 1〜2曲歌ったら嗄れるでしょう。



そういう場合は、 1〜2曲歌ったら止めるのです。



10分で終わる!!と、



なかなか、練習がはかどらないかもしれませんが、



しょうがないのです。



無理して、まだまだやれる、歌えるでは、声がしゃがれるだけです。



一方、身体で歌えるようになってくると、 練習時間は伸びてきます。



最初は、30分。その後、1時間と、どんどんと伸びます。



練習と同時に、体の筋力も 声帯も同時に鍛えられていくからです。



わたしは、1時間めやす、連続は歌いません。5~6回くらいでしょうか。、



嗄れ寸前で練習はストップさせる。 声帯や身体を休ませ、



そして次の日にまた練習をしましょう。



ポイントは【嗄れる寸前でやめる】



そうしないと、ポリープができる。




【ルール③】朝、 声が嗄れていたら練習はやめる。



最後ですが、これも大事ですね。



朝起きた段階で・・・



「あれ?いつもよりも嗄れてるな・・・」



「あれ?ちょっと声が出にくいな・・・」



「少し痛いみたい・・・」と、思ったら、



あっさりと、 今日の練習はやめます。



それでも、ムチャをすると、ポリープができる。



無理して練習したところで、すぐ嗄れてしまうので、



もう、そんな日は練習はしない方が良いですよ。



歌の練習ができなくたって、その時間を使って、



歌の研究ができます。 歌手本人の歌を聞く事も大事な練習です。



そのほかの運動をする事も、歌の上達を手助けします。



呼吸のトレーニングを行うも良しです。



歌の練習を気長に続けるには、調子のいい日も悪い日も



様子を見ながらの練習を心がけましょう。




以上の大事なルール3つを覚えておいて、 練習に励んでください。




【練習頻度】練習頻度や時間を守らないと声帯が壊れる!!



必ず○○○前には止める!!



答え・・・必ず○○○前には止める!!→必ず嗄(か)れる前には止める!?





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ボイトレやってて、『曖昧な言葉』に残念な気がする!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今日は、22度にもなるそうだ^^^



シャツ一枚でも、居られそうな陽気になっている。



世の中には、曖昧な言葉が氾濫していると思う。



ボイトレにも同じことが言える。



ボイトレをやってて、お決まりの言葉なんだけど、



具体的に考えると何を言ってるんだかよくわからない。



あいまいな言葉に出会うことってよくある。




無題

何?どこ?なぜ?・・・




例えば、「喉声になってるから直すように」



「喉が開いていない」



「喉じゃなく、もっと高いところから声を出すように」



「腹から声がよく出ている」



「鼻から上だけを響かせろ」



・・・だとか、数えきれないほどたくさん。




こういった曖昧な言葉は、先生と生徒の間でフィーリングが合って



いれば有効な指導法になるが、



そうでなければ、先生の教えたいことと全く違った受け取り方をしたり、



生徒に何も伝わってないのに「やれた感」がやれたつもりに



なってしまったりする危険性も充分にある。




こういった曖昧な言葉が使われがちになってしまう理由はとは、



1.)知識不足によって、適切な行動を指す言葉を使えていない。



2.)言葉が乱用されるうちに、意味が変わってしまった。



3.)言葉自体が「善悪」のイメージをあびている。



と考えてしまう。



なんというか「ボイトレ業界における代表的な曖昧な言葉」。



私は基本的に使わないように考えている。



先生がこの言葉を使った場合「具体的にはどうするんですか?」と



いうツッコミを必ず入れる。



そうしないと、具体的に何がどうなってて、何をどうしたらいいかわから


ないままだから。




こんな感じで、ついつい使ってしまいがちな「曖昧な言葉」について



考えていくと、具体的で実用的なボイトレってどういうものかな、



という点について考えを深めていくことができると言えるでしょ。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ




【声】話の上手な人と話しの下手な人のちがい!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今朝からは、ポカポカを越えたかんじだよね。



暑く感じるくらいだ。



【声】話の上手な人と話しの下手な人のちがい!!



続編の最終話となるので、参考にご覧ください。




聞き取りづらい声で話す。



聞き取りやすい声で話す。



(1)音量が大き過ぎるか小さ過ぎる。



・うるさい過ぎる。小さ過ぎる。



・大事なことが伝わらない。



(1)ちょうどよい音量。



・相手の聞き取りやすい音量。



・要点が伝わる。



(2)音程が高過ぎるか低すぎる。



・騒音に近いためやかましい。



・低すぎると、一語一語が聞き取りづらい。



(2)ちょうどよい音程。



・聞きやすい音程に調整。



・一語一語が聞き取りやすい。



(3)滑舌が悪い。



・言葉が正しく伝わらない可能性がある。



・相手に誤解を生む。



(3)滑舌が良い。



・言葉が正しく伝わる。



・相手に誤解を生まずに済む。



(4)呼吸が浅い。



・聞き手も息が詰まる。



・不安を与える。



(4)呼吸が深い



・安心して聞ける。



・落ち着きを与える。



(5)間がない。



・情報過多になって理解が遅れる。



・軽薄に映る。



(5)間がある。



・聞きながら、理解しやい。



(6)声がくもっている。



・かすれ声、だみ声は聞きづらい。


・聞き取るために、聞き手の努力が必要。



(6)声が澄んでいる。



・よどみなく、聞き取りやすい。



・聞くストレスがない。



(7)早口



・早すぎは聞き取りづらく、わからない。



・相手が聞き漏らす。



(7)ちょうどよいテンポ。



・一音一音が、はっきり発音されている。



・相手が聞き取りやすいテンポを選ぶ。




(8)単調。



・同じ調子だと眠気を誘う。



・重要なポイントがわからない。



(8)抑揚がある。



・相手の注意を惹きつける。



・どこが重要ポイントか伝わる。



このようなポイントがわかりました。自分に置きかえて学んで



みましょう。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


【態度】話し方の上手な人と話し方の下手な人のちがい!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





今日は、昨日の続きとして【態度】である。



本日は、大会に足を向けるために昨日のうちに書いてきた。





original_20190406115218184.jpg

自分中心の態度で話している。



【態度】話し方の下手な人(前記)と話し方の上手な人(後記)のちがい!!





(1)相手を見ない。



・一方的に話し、相手の理解を確認しない。



・聞き手が置いてけぼり。



(1)相手を観察する。



・相手の理解を確認して、話を進める。



・共通理解の元、話が進む。




(2)内容と合わない表情。



・自分の世界に入ってしまう。



・感情が伝わりにくい。



(2)内容に合わせた表情。



・表情を使い分ける。



・内容がより伝わりやすくなる。



(3)無駄なジェスチャー。



・意味なく動かす。



・動きに気が散ってしまう。



(3)内容に合ったジェスチャー。



・意図的なジェスチャーは効果を上げる。



・動きと内容の合わせがいい。




(4)落ち着きがない。



・自分が話すことで精一杯である。



・自分の評価ばかりを気にする。



(4)落ち着いている。



・相手に伝わることに集中する。



・相手がどう思うかを、配慮できる。




(5)乱暴な言葉使い。



・上から目線だと、思われる。


・雑な言葉としてわかる。



(5)謙虚・丁寧な言葉使い。



・控えめな態度は受け入れやすい。



・丁寧な言葉は、気持ちが伝わる。



(6)何が何でも取り繕おうとする。



・弱みを見せまいと、知ったかぶりをする。



・否定を恐れ過ぎて、話を誇張する。



(6)無理に取り繕おうとしない。


・わからないことを、わからないと言える。


・否定を前向きに受け止め、等身大でいる。



(7)姿勢が悪い。


・猫背は自信がなく映る。


・腕組みなどは威圧的に映る。



(7)姿勢が良い。



・相手に心地よく聞いてもらえる配慮。



・堂々と話すと、安心感を与える。




(8)常に否定的。



・自分だけの視点で、相手に否定的に話す。



・否定的な態度だと相手は受け入れ難い。



(8)常に肯定的。



・聞き手に考慮し、相手に肯定的に話す。



・肯定的な態度だと相手は受け入れやすい。



これらが、「態度」のまとめたものである。いかがでしょうか?



わたしは、ありましたが、お心当たりはございませんか?




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新